伊勢市の方で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

交通事故・後遺障害

詳細につきましては,以下の各サイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

交通事故の慰謝料

1 交通事故被害者が請求できる慰謝料

慰謝料とは,相手の気持ちを傷つけた場合に,加害者が被害者に対して,被害者の気持ちを慰めて謝罪の気持ちを表すために支払うお金のこととなります。

慰謝料というと,不貞行為で配偶者の感情を傷つけた上に離婚というようなケースがイメージされやすいと思いますが,交通事故の場合でも,突然の事故で,大きな恐怖心や,肉体的な苦痛を与えられ,精神的苦痛を被害者の方は感じさせられるわけですから,加害者は,被害者に対して,慰謝料を支払うべきものと考えられています。

2 慰謝料の金額をどのように決めるか

ただし,先程述べましたように,相手の気持ちを慰めて謝罪の気持ちを表すお金ですから,その他の損害賠償の項目に比べて妥当な金額の計算というものが難しい傾向がございます。

例えば,時価額50万円の車が,事故で廃車になったから50万円支払えという請求であれば,相手が負担するべき損害賠償額の計算根拠は比較的明確です。

しかし,このような経済的価値を有する物の毀損・滅失などではなく,本来,金銭的評価になじまない,精神的苦痛の内容程度をあえて金銭として評価して支払いを請求していくのですから,その金額がどの程度であれば,損害賠償として妥当であるかという点に関する答えを導くことは,決して容易ではありません。

そのため,現在,具体的な金額の算定にあたっては,いくつかの基準が設けられ,その基準に従って,判断されるのが一般的になっております。

⑴ 自賠責基準

例えば,自賠責保険から支払われる金額の基準については通院1日につき4200円を目安として計算される仕組みとなっております。

⑵ 任意保険基準

また,任意保険会社は独自の基準によって提案してきます。

⑶ 裁判基準(赤本基準や青本基準)

裁判所の判断する金額については,いわゆる裁判基準と呼ばれ,怪我の内容と事故から治癒または症状固定までの期間の長短によって区分けされた計算表に従って,判断されます。

裁判基準の慰謝料の計算表については,「赤本(民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準)」又は「青本(交通事故損害額算定基準―実務運用と解説―)」にまとめられております。

3 弁護士に示談交渉を依頼

裁判基準で示談するためには,示談交渉において,保険会社としっかりと交渉する必要があります。

その際,被害者本人の交渉では難しい場合もありますので,そのような場合には弁護士に示談交渉を依頼するのも一つの方法です。

伊勢で交通事故問題でお困りの際は,弁護士法人心にご相談ください。

交通事故の被害者が使える弁護士費用特約

1 弁護士費用特約とは

弁護士費用特約とは,交通事故被害に遭われた方が弁護士に依頼する場合,その相談料や着手金・成功報酬金をご自身の保険会社が担保する制度のことです。

以下,一般的な弁護士費用特約の内容を前提としてお話させていただきます。

2 弁護士費用特約の上限

弁護士費用特約では,相談料,着手金・成功報酬金・実費が補償されます。

一般的な弁護士費用特約の場合,相談料は10万円,着手金・成功報酬金・実費の合計は300万円を上限となります。

3 弁護士費用特約を活用できる場面

また,活用できる場面も多様です。

例えば,契約車である自家用車ではなく,会社の営業車を運転中に発生した事故など,ご自身が契約している車以外を運転している場合に生じた被害事故にも,通常,弁護士費用特約を活用できます。

また,多くの保険では,契約者であるご自身の配偶者やご家族の方が歩行中に被害事故に遭った場合にも,弁護士費用特約が活用できます。

弁護士費用特約が活用できる場合,その特約の範囲内であれば,ご自身の弁護士費用・実費の負担はないため,相手方から支払ってもらったとした損害賠償金額は,すべてご自身のお手元に残ります。

4 交通事故に関する依頼をどの弁護士にするかは自由

弁護士法人心には,交通事故を得意分野とする弁護士が多数所属しております。

保険会社が指定する弁護士でないと活用できないと勘違いされている方も数多くいらっしゃいますが,弁護士費用特約を活用してどの弁護士に依頼するかは,ご自身の自由です。

せっかく依頼するのであれば,交通事故を得意とする弁護士を選ぶのがよいかと思います。

弁護士法人心では,弁護士費用特約を使った案件も多数お受けしております。

伊勢近郊で交通事故被害に遭われた方は,弁護士法人心へご相談ください。